指揮者・トレーナー

指揮:阪本 正彦 氏

1987年東京藝術大学卒業。
ホルンを宇田紀夫、守山光三、千葉馨、室内楽を村井祐児、海鉾正毅、指揮を湯浅勇治、高階正光、松沼俊彦、下野竜也の各氏に師事。
1985年神奈川県立音楽堂推薦音楽会に出演。
1986年東京交響楽団入団。
2015年度及び2016年度上野学園大学研究生「指揮専門」聴講生。
2021年度より東京音楽大学指揮研修講座研修生。オーケストラ活動のみならず、アマチュアオーケストラ、吹奏楽等への的確な指導にも定評がある。
2012年フィンランドのナーンタリで行われたヨルマ・パヌラ指揮マスタークラス、2013年夏にはフィレンツェ国際指揮マスタークラス、2015年にはブダペスト国際指揮マスタークラスなどを受講、指揮者としての研鑽を重ねている。
2013年に震災復興支援「真夏の第九」チャリティーコンサートを開催、同年末には奄美群島日本復帰60周年記念第九演奏会の指揮を務めた。
2017年春からは横須賀交響楽団副指揮者に就任、各地の市民オーケストラの発展にも力を注いでいる。
東京交響楽団ホルン奏者、横須賀交響楽団顧問/副指揮者、東京海上フィルハーモニックオーケストラ指揮者。

指揮:浅野 将己 氏

東京都生まれ。
2017年東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲指揮専攻(指揮)を卒業。
これまでに指揮を広上淳一・田代俊文・三河正典、ピアノを福井直昭・村上直行・野田清隆・故福田惺子・広瀬宜行、音楽理論を逢坂愛・日野原秀彦・伊佐治直・荒尾岳児の各氏に師事。
2015年に増井信貴氏(現・東京音楽大学教授)2016年に徳永二男氏による公開レッスンを受講。また、福田一雄氏の元で研鑽を積む。
現在、東京音楽大学指揮研究員。
大学内外のオーケストラ・オペラ・合唱・吹奏楽・マンドリンアンサンブルなど、幅広い分野で指揮やアシスタントの活動を続け、経験を重ねている。
学習院女子中・高等科音楽科非常勤講師。

指揮:湯川 紘惠 氏

東京藝術大学音楽学部指揮科卒業。
同大学大学院音楽研究科指揮専攻卒業。
これまでに指揮を高関健、山下一史、尾高忠明、田中良和の各氏に、ピアノを小池ちとせ、
徳丸聰子、加藤朋子の各氏に師事。
2018 年スペインにてヨルマ・パヌラ氏のマスタークラスを受講、カルロス三世劇場で行われた修了演奏会に出演。
2021 年リッカルド・ムーティ氏によるオーディションを経てリッカルド・ムーティ・イタリアン・オペラ・アカデミーを受講、東京・春・音楽祭において、リッカルド・ムーティ introduces 若い音楽家による《マクベス》に出演。英国ロイヤルオペラハウスにて Jett Parker Young Artist Program 主催のマスタークラスを受講、リンブリーシアターで行われた最終公演にて the City of London Sinfonia を指揮する。
2021 年 9 月より NHK 交響楽団にてパーヴォ・ヤルヴィ氏のアシスタントを務め、2022 年1 月より指揮研究員として同団の公演に携わる。

トレーナー:田村 博文 氏 (violin)

1956年東京生まれ。
1975年武蔵野音楽大学器楽科入学。
1979 年卒業。
同年読売日本交響楽団入団。
1985年休団し西ドイツのケルンに留学。
1986年帰国、読売日本交響楽団に復職。
2008年アフィニス音楽祭参加。現在も同楽団にてオーケストラ業務に従事。
読売日本交響楽団入団以降、室内楽等の演奏活動の他、日本女子大附属高等学校・日本大学・北里大学、その他多くのアマチュアオーケストラにも指導者として積極的に参画。
2019年東京音楽大学指揮科特別アドバイザーに就任。
ヴァイオリンを山口元男、掛谷洋三、岡山 潔、ウルリッヒ・アルスフイートの各氏に師事。

アドバイザー:近松 博郎 氏

東京藝術大学音楽学部楽理科を経て、同大学院修士課程および博士課程修了。
2014年~2015年にかけてドイツのハレ大学に留学。 バロック音楽を専門とし、2017年にJ. パッヘルベルの声楽マニフィカトに関する研究で博士号(音楽学)を取得。
これまで音楽学を角倉一朗、大角欣矢、ヴォルフガング・ヒルシュマン(ハレ大学。国際ヘンデル協会会長)、 チェンバロを故・小島芳子、コルネリア・オスターヴァルト(ライプツィヒ音楽大学)に師事。
現在、学習院中等科教諭・高等科講師。
「アンディムジーク室内合奏団」音楽アドバイザー。日本音楽学会会員。 さがみはらフィルハーモニー管弦楽団では、団の設立時より毎回の定期演奏会でプログラムノートを執筆している。